日本キリスト教団 赤羽教会

日本キリスト教団 赤羽教会

<< 前週「」 | 「キリスト復活の証人」 | 次週「」 >>

[礼拝説教]キリスト復活の証人

大友英樹牧師
2018年4月3日
使徒言行録2:22-36

キリスト教信仰というのは、新約聖書に13の手紙を残しているパウロが語るように、最も大切なことが2つあります。一つはイエス・キリストがわたしたちの罪のために十字架に死なれたこと、二つめは3日目に復活されたことです。今日はイースター、復活祭の礼拝です。最近は日本でもハッピーイースターというように言われるようになりました。それはイエスさまが復活されたことを喜び祝う日です。イエスさまが十字架で死なれたということは、歴史上の起こらなかったと否定することはできません。そして多くの人々がイエスさまが十字架に死なれたことは知っています。しかし復活と聞くとにわかに信じがたい。疑わしい。そんなことを本当に信じているのかと不思議に思う。十字架は信じられるけれども、復活は信じられないと言われます。もしイエスさまが復活されていないとすれば、「復活した」、「よみがえられた」と教会は偽りを宣べ伝えたことになります。無かったことを有ったこととして偽証することになります。そうすると、わたしたちの世界は、そうした偽りの信仰によって支えられてきたことになります。もしそうだとすれば、キリスト教信仰は取り返しのつかないことをしでかしたことになります。しかしパウロは《しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました》と語っています。キリスト教信仰は、復活の事実性に支えられています。

キリスト教信仰は、証人の信仰です。「それは真実です」と証言するのが証人です。十字架に死なれ、岩をくりぬいた墓に入れられ、3日目の朝を迎えます。十字架につけられた金曜日は、安息日の前日でしたので、慌ただしく墓におさめられました。3日目に朝、日曜日、マグダラのマリアが香料を塗り墓に行きますと、その墓の石は取り除かれていました。墓の中は遺体を包んでいた布が残され、イエスさまの体は見当たりませんでした。主の天使が「ここにはおられない。復活なさったのだ」と語ってもにわかには信じがたいほどの動揺がありました。復活されたイエスさまが声をかけたとき、マリアはその人が園の管理人だと思って、「イエスさまの遺体はどこにあるのか」と言ってその姿を認めることができませんでした。しかしイエスさまの声を聞いて、その顔を見て、復活されたイエスさまに出会いました。マリアがイエスさまの弟子たちに伝えたことは、「わたしは主に出会いました」という証人の言葉でした。やがてイエスさまは弟子たちにも現われなさって、ご自身が復活されたことをあらわされました。そこで弟子たちは「わたしたちは主を見ました」というように証人となります。パウロによれば、イエスさまは500以上の人々にあらわれました。そしてその人々がキリスト復活の証人となったのです。その証人の言葉が、受け入れら、信じられて、今日にまで至っています。

それではキリスト復活の証人は、何を根拠にして証人となるのでしょうか。今日の聖書には2つの根拠が挙げられています。一つめは聖書です。今日の聖書箇所はイエスさまが復活されて50日目、ペンテコステの祭りのときです。神さまから十戒をはじめ、多くの御教えをいただいたことを祝う祭りです。神さまの御教えがまとまっているのが聖書です。このときイエスさまは一番弟子であるペトロが立ち上って語りはじめました。イエスが十字架に死なれ、復活されました。わたしたちはそのことの証人です。それは聖書に書いていることが実現したのですと語ります。今日の箇所には詩編16編と110編が引用されています(25~27節・34~35節))。聖書にこのように書いてあるように、約束されているように、イエスさまは復活されたのです。イエスさまの弟子たちは実際にイエスさまにお会いしました。お会いしたことは決定的です。しかし弟子たちが復活の証人となったのは、ただイエスさまにお会いしたからではありません。聖書の約束であるからです。

二つめは神さまです。イエスさまは復活されたということですが、それはご自身の力によって復活されたのではありません。今日の聖書箇所を注意して読んでいきますと、イエスさまについて語るときに「神は」というが強調されています(22・23・24・32・36節)。イエスさまの復活の根拠は、神さまの全能の力にあります。復活は神さまによってしか起こりません。それはイエスさまがお生まれになるとき、神の力が処女マリアに臨んだごときことです。イエスさまは全能の力をもたれ、絶大なる権威をもたれる神さまによってしか、お生まれになることもできませんし、復活されることもできません。復活とは神さまの力です。キリスト復活の証人というのは、神さまへの信仰をもつものです。偉大なる力をもたれる神さま、全能の力をもたれる神さまを信じることができるときに、わたしたちもキリスト復活の証人となります。あなたが聖書の約束の言葉を信じ、全能で権威ある力をもたれる神さまを信じとき、キリスト復活の証人です。《神はこのイエスを復活させられたのです。わたしたちは皆、このことの証人です》。

<< 前週「」 | 次週「」 >>
日本基督教団 赤羽教会
〒115-0042 東京都北区志茂2-56-4 TEL03-3901-8939 FAX03-3901-8990
このページは、自称赤羽web委員会(略してAWA)により作られています。