日本キリスト教団 赤羽教会

日本キリスト教団 赤羽教会

<< 前週「」 | 「2020年5月3日 ホ群創立記念礼拝順序 復活節第4聖日」 | 次週「」 >>

[礼拝説教]2020年5月3日 ホ群創立記念礼拝順序 復活節第4聖日

大友英樹牧師
2020年5月2日
マタイによる福音書6章9~15節

1.黙祷

2.招詞 詩編95:1~3

3.頌栄 新聖歌166(YouTubeで検索してください・歌詞を読むだけでもよい)

4.祈り(ホ群結成から74年、ホ群協働牧会伝道の祈りのパートナーである茅ヶ崎恵泉教会(柏先生)、勝浦教会(坪内先生)を祈りに加えてください)

5.主の祈り

6.献金(後日、礼拝に来られた時に献金してください。教会の口座に送金することもできます)

  主の愛に生かされて(YouTubeで検索してください・歌詞を読むだけでもよい)

7.感謝の祈り            

8.新聖歌 481(YouTubeまたは「MP3&詞 聖歌・讃美歌」で検索してください・歌詞を読むだけでもよい)

.教会聖句 使徒言行録1625

10.聖書 マタイによる福音書6章9~15節

11.説教 『主の祈りとホーリネス』 説教:大友英樹牧師(声に出して朗読してください)

本日は赤羽教会もメンバーとなっている「ホーリネスの群」の創立記念礼拝です。戦時中、キリスト再臨の信仰が、天皇を中心とする国体を否定するとして治安維持法により国家の弾圧を受けました。牧師は検挙され、退任させられ、教会は解散されということになったわけです。戦後、GHQの命令によって治安維持法が廃止され、牧師たちは復職し、教会は復興することができました。戦後すぐ、11月に復興感謝大会が開かれ、教職70名、信徒30名が集まったということです。そして復興のための準備がなされ、翌年の1月からは現在のホーリネス誌が発行されるようになります。そして1946年5月1日、復興全国大会を開催、「ホーリネスの群」を結成して、日本基督教団の教会として復興していくことになります。それ以来、74年を迎えますが、「ホーリネスの群」の教会としてホーリネス信仰を大切にするとともに、日本基督教団の教会としてホーリネス信仰を生かし、証ししていく歩みを続けています。「ホーリネスの群」が組織されている理由は、ホーリネス信仰に立つ教会にはホーリネス信仰に立つ教師が必要だからです。そこで東京聖書学校を運営して、ホーリネスの信仰に立つ日本基督教団の教師を養成し、ホーリネスの群の教会に遣わしています。ホーリネスの教会には、ホーリネスの信仰に立つ教師が必要である。このことは赤羽教会も大切にしていることです。本日の礼拝では、「ホーリネスの群」の教会であることの恵みと使命を自覚したいと思います。

さてそこで今日は先週に引き続いて、イエスさまが教えてくださる祈りについて、特に『主の祈りとホーリネス』と題して学びたいと願っています。ホーリネスの群は遡っていきますと、中田重治という伝道者に遡ります。1901年に神田神保町で伝道を開始し、聖書学校でホーリネスの伝道者を養成することをはじました。この中田重治が「主の祈りと主の再臨」という説教をしています。主の祈りは再臨の信仰によって理解すべきだということです。再臨の信仰は、ホーリネスの四重の福音として掲げているものでありますから、ホーリネス信仰から主の祈りを理解するということにもなろうと思います。そこで主の祈りの全体とはいきませんが、主の祈りのうち2つの祈りをホーリネスの視点から学びたいと思います。

 まず第1は「御名が崇められますように」という祈りです。イエスさまは「天におられるわたしたちの父よ」と祈るようにと教えられます。神さまを父と呼ぶこと、これはユダヤの民の中にあったようです。ヨハネ福音書8:42にイエスさまが「真理はあなたがたを自由にする」と言われたときに、わたしたちはアブラハムの子です。奴隷になったことはないと反論します。そして「わたしたちの一人の父がいます。それは神です」とまで言っています。しかしイエスさまは神さまがあなたたちの父であれば、わたしを愛するはずではないかと言われます。ユダヤの民の間には、神さまを父と呼ぶということはあったようです。

しかしイエスさまが「天におられるわたしたちの父よ」と祈られますが、新約聖書学者によると、この父よという呼びかけは、元来はアバという子供が父親に呼びかけるたいへん近しい呼びかけであるということです。イスラエルの民が神さまを父と呼ぶよりも、もっと近しい交わりです。イエスさまはヨハネ福音書10:30で「わたしと父とは一つである」と言われ、ご自分が神と等しい者であることを証します。これがユダヤの民のとっては受け入れられなったわけです。

さてそのような近しい父なる神に祈るとき、まず「御名が崇められますように」と祈るようにということです。御名が崇められるとは、どういうことでしょうか。それは神さまがたたえられるということでもありますが、さらにこのイエスさまの言葉を読みますと、「崇められる」というのは「きよめられる」「きよくする」「聖とする」「聖別する」という意味があります。神さまが神さまとしてふさわしい地位がある。わたしたち人間を超えておられるにもかかわらず、「天におられるわたしたちの父よ」とわたしたちと近しく、親しく交わりをしてくださる。そういう神さまです。その聖なる神さまに「天におられるわたしたちの父よ」と呼びかけるわたしたちもまた、神さまによって聖なる者とされることが必要です。ホーリネスが必要です。それは神さまのものとなるということです。ルターは、小教理問答という父親が子供に信仰を教える書物で、聖書の御言葉に教えられ、それに従ってきよく生きること、それが神さまの御名が崇められる、聖なるものとされることですと教えています。神さまの御名が崇められますようにと祈るわたしたちが、御言葉に従い、神さまのものとされて、聖なる者とされる。御名が崇められますようにという祈りとホーリネスは結びついています。

もう一つは「御心が行われますように」という祈りです。この祈りには前後に「御国が来ますように」「天におけるように地の上にも」があります。御国というのは、マタイ福音書では天の国とありますが、イエスさまが宣教の第一声として「悔い改めよ、天の国は近づいた」と宣べ伝えたとありますが、イエスさまがお生まれになり、宣教をはじめられたことから、すでに天の国は始まりました。到来しましたということです。そして天の国というのは神さまの支配ということですから、イエスさまが神さまの支配をもたらしましたということです。しかし「御国が来ますように」と祈るのは、全き意味で、天の国、神の支配は、イエスさまの再臨のときを待たなければなりません。そういう意味で今すでに御国が来ていますが、しかしイエスさまが再び来られる再臨のとき、まったき姿で御国がやってくる。そういう信仰の祈りです。

そしてその御国は神さまの御心が100%実現しているところです。天国はどういうところかと言えば、その一つの答えは「神さまの御心が100%実現しているところです」「神さまの御心の支配が完全になされているところです」ということができます。しかし残念ながら地上では神さまの御心が100%実現しているかといえば、必ずしもそうではありません。神さまはそうしようとしてくださいますが、人間の罪が、悪の力がそれを妨げています。ですから「御心が行われますように」という祈りは、神さまの御心を妨げている罪や悪の力が駆逐されて、滅ぼされていくこと、神さまの救いの御業が、イエスさまの十字架と復活によるところの罪の赦しの御業が広がっていくこと、まさにそれが祈り求められます。神さまがイエスさまをお与えくださり、十字架につけられ、死からよみがえらせ、罪の支払う報酬である死に勝利してくださって、全人類の罪の贖いをなしてくださいました。このイエスさまの救いの御業こそが神さまの御心であります。そしてこの神さまの御心の中に歩む者に、「御心が行われますように」と祈ることを求められます。聖書を見ますと、イエスさまの救いの御業が神さまの御心であるということでありますが、それは罪の赦しとともに、きよめられるということ、ホーリネスということもまた神さまに御心であることを教えられます。Ⅰテサロニケ4章に《実に、神の御心はあなたがたが聖なる者となることです…神がわたしたちを招かれたのは、汚れた生き方ではなく、聖なる生活をさせるためです》とあります。神の御心はわたしたちが聖なる者となること、ホーリネスです。「御心が行われますように」との主の祈りは、神さまの御心であるホーリネスの恵みに生きる者としてくださいとの祈りであります。

(応答の祈りをしてください)

12.讃美 聖歌556(YouTubeまたは「MP3&詞 聖歌・讃美歌」で検索してください。歌詞を読むだけでもよい)

13.報告

①先週集会

礼拝43名(HP・メール・faxの方を含む)

聖書研究祈祷会・リバイバル祈祷会(祝日のため休会)

②今週の予定 

4日:hi-b.a高校生集会(オンライン企画あり)

6日:聖書研究祈祷会(今週は祝日のため休会)

7日:東京聖書学校講義(オンライン)

8日:東京教区常置委員会

③教会便り 

・ユースにお勧め賛美動画「主の愛に生かされて」、視聴してみてください。

・メールやファックスでの礼拝人数は把握できますが、HPでの人数が把握できませんので、お手数ですがメールで「HPで礼拝しました」と送信してください。

メール pastor@akabanechurch.jp ⇒今、送信してください

・先週献金くださった方の献金は、本日の礼拝でささげます。

・振替口座に送金される方は、献金種別を記載してください。

 振替口座 00170-7-80756 名義 日本基督教団赤羽教会

・ゆうちょ銀行口座に送金される方は、献金種別をお知らせください。

 店名〇〇八〔読み方 ゼロゼロハチ〕 店番008

 普通預金・口座番号1978382

・本日の礼拝は「ホ群記念礼拝」(1946年5月1日創立)です。戦時中の弾圧から日本キリスト教団に復興するに際して、「ホーリネスの群」というグループを結成して、今日に至っています。

・本日の教会役員会は前回同様に書面決議の形で行います。お送りしました資料をご覧になり、書面決議書を送付してください。よろしくお願いします。

・今後の予定 5月24日に教会総会を開催予定です。開催方法は本日の教会役員会で決定します。

④次週予告

【母の日】日本には青山学院の女性宣教師から伝えられました。

・7時:早朝礼拝

 10時:合同礼拝

 子どもメッセージ・説教・司会)大友師 奏楽)大友姉 

・礼拝以外の集会は休会となります。

14.頌栄 新聖歌63

15.祝祷

主イエス・キリストの恵み、父なる神の愛、聖霊の交わりが、あなたがた一同の上に豊かにあるように アーメン

16.黙祷

*今週も主の恵みと守りのうちに歩まれますようにお祈りいたします。

日本基督教団 赤羽教会
〒115-0042 東京都北区志茂2-56-4 TEL03-3901-8939 FAX03-3901-8990
このページは、自称赤羽web委員会(略してAWA)により作られています。