日本キリスト教団 赤羽教会

日本キリスト教団 赤羽教会

<< 前週「」 | 「2021年5月23日聖日礼拝順序 聖霊降臨節第1聖日」 | 次週「」 >>

[礼拝説教]2021年5月23日聖日礼拝順序 聖霊降臨節第1聖日

大友 英樹牧師
2021年5月23日
ヨハネによる福音書 1章43-51節

202123聖日礼拝順序 聖霊降臨節第聖日

【ペンテコステ礼拝】

1. 黙祷

2.招詞 ヨエル3:1

3.頌栄 60(YouTubeまたは「MP3&詞 聖歌・讃美歌」で検索してください)

4.新聖歌 21(YouTubeまたは「MP3&詞 聖歌・讃美歌」で検索してください)

5.詩編交読 詩編51:12~19

6.祈り

7.新聖歌 136(YouTubeまたは「MP3&詞 聖歌・讃美歌」で検索してください)

8.主の祈り

9.使徒信条

我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。 

我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。主は聖霊によりてやどり、処女(おとめ)マリヤより生まれ、ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、死にて葬られ、陰府(よみ)にくだり、三日目に死人のうちよりよみがへり、天に昇り、全能の父なる神の右に坐したまへり。かしこより来たりて、生ける者と死ねる者とを審きたまはん。

我は聖霊を信ず。

聖なる公同の教会、聖徒の交はり、罪の赦し、身体(からだ)のよみがへり、永遠(とこしえ)の生命(いのち)を信ず。アーメン

10.ワーシップソング 君は愛されるため生まれた(YouTubeで検索してください)

11.教会聖句 Ⅱコリント5章18

12.聖書 ヨハネ福音書1:43~51

13.説教 『イエスの弟子フィリポ』(声に出して朗読してください)  

 バプテスマのヨハネがイエスさまを証ししはじめてから5日目、イエスさまはガリラヤに行こうとしていました。そのとき新しい弟子に出会うことになります。それがフォリポであります。フィリポは先にイエスさまの弟子となったアンデレとペトロの町、ベトサイダの出身であったとありました。ベトサイダはガリラヤ湖の北側にある町です。これからイエスさまが向かおうとしているガリラヤの町です。そこに向かう途上、フィリポに出会います。

 アンデレがもう一人の、おそらくイエスの愛しておられた弟子と呼ばれているヨハネであると思われますが、バプテスマのヨハネが「見よ、神の小羊だ」とイエスさまを指し示したとき、聖書には《それを聞いて、イエスに従った》とあります。それは彼らが一つの決意をもって、「イエスさまに従って行こう」と決心したということでした。「あなたはどこに泊まっているのですか」と聞いていますが、それは何となくあいさつ程度に尋ねているのではなくて、イエスさまのところに留まりたいという強い決意でした。わたしたちにとっても、「わたしは従います」「わたしは信じます」というように、一つの決意をもってイエスさまを信じ、従っていくということは大切なことであります。

 この5日目のとき、イエスさまがフィリポを弟子とされたとき、さらにはフィリピを通してナタナエルがイエスさまを信じるようになりますが、このときは同じ弟子となって、イエスさまに従っていくといいましても、アンデレたちとは違いました。それはイエスさまが選んでくださったということ、イエスさまの選びが先立っているということです。ヨハネ福音書15章に《あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ》というイエスさまの言葉があります。「わたしが選んだ」と強調して語られています。イエスさまがわたしに先立って、わたしがイエスさまに出会う前に、わたしがイエスさまを信じる前に、イエスさまは「わたしがあなたがたを選んだ」と言われます。まさしくフィリポはそうでした。43節に《その翌日、イエスは、ガリラヤへ行こうとしたとき、フィリポに出会って、「わたしに従いなさい」と言われた》とあります。聖書はフィリポがイエスさまに出会ったのではなくて、イエスさまがフィリポに出会ったのだと語っています。イエスさまはガリラヤへ向かって旅をしていたのですから、その途上で何人かの旅人や住民と出会ったことでありましょう。イエスさまがフィリポに出会ったのは、そうした旅の途上でのたまたま出会ったとか、何となく知り合いになったということではありません。アンデレがイエスさまに出会って、次の朝、兄弟のペトロにまず第1に知らせなければと、熱心に探して、「メシアに出会った」と知らせたということですが、イエスさまがフィリポに出会ったのも同じ言葉であります。たまたま会ったのではありません。イエスさまは熱心に探すようにして、フィリポに出会ったのであります。フィリポを見出して、選んでくださって、熱心に探し求めてくださって、出会ってくださって、「わたしに従いなさい」とフィリポを弟子として招かます。アンデレとペトロと同じベトサイダの出身であるフィリポをイエスさまが選ばれ、出会ってくださり、「わたしに従いなさい」と招いてくださいます。

 フィリポはイエスさまに出会って、「わたしに従いなさい」とイエスさまの弟子とされて、喜び勇んでナタナエルに出会います。この出会いも、たまたま知り合いのナタナエルに出会ったということではありません。同じようにフィリポはナタナエルを熱心に探して、出会います。45節《フィリポはナタナエルに出会って言った。「わたしたちは、モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方に出会った。それはナザレの人で、ヨセフの子イエスだ」》。ナタナエルは《「ナザレから何か良いものが出るだろうか」》とまじめに受け取ろうとはしません。ナタナエルはいちじくの木の下にいたとありますが、そこで聖書の御言葉を学んだり、お祈りしたり、黙想したりしていたのであろうとも言われます。そんなナタナエルからすれば、ナザレのような町からメシアが出るなどは考えられませんでした。メシアが出るなら、それはダビデの町ベツレヘムであろう。ナザレのような町からではあるまいというような反応です。

しかしフィリポはそんなナタナエルを「来て、見なさい」とイエスさまのところに連れて行きます。「百聞は一見に如かず」と言いますが、信仰の世界もそういうところがあるわけで、イエスさまのところに連れてくる。イエスさまはナタナエルに《「見なさい。まことのイスラエル人だ」》と言われます。どうしてそんなことがわかるのでしょうか。ナタナエル自身も不思議に思ったのでありましょう。《どうしてわたしを知っておられるのですか》。するとイエスさまは《「わたしはあなたがフィリポから話しかけられる前に、いちじくの木の下にいるのを見た」》と答えられます。「フィリポがあなたに出会って、わたしのところに連れて来たのだろう。でもわたしはフィリポがあなたに会う前に、あなたがわたしのことを知らなくても、わたしはあなたがいちじくの木の下にいることを見ていたのだ」と仰せになります。わたしはあなたのことをすでに知っているのだ、見ているのだというイエスさまの先行する選びです。ナタナエルがフィリポに言われて、それで行ってみようかと腰を上げてイエスさまのところに行きます。ナタナエルはこれがフィリポがメシアと話していたイエスさまかと思っていたところに、イエスさまはナタナエルに初めましてという挨拶ではなくて、わたしはあなたのことを知っていた。わたしはいちじくの木の下にいるあなたのことを見ていた。

 こんなことを言われますと、現代人であるわたしたちからすれば、隠しカメラやスマホの追跡アプリで、わたしのことを知っているのか、見ていたのかとというような恐ろしさを感じるようなところがあるかもしれません。しかし本来は、神さまに知られている、イエスさまに知られているということは、本当の安心を与えるものです。わたしはイエスさまに知られている。イエスさまに守り導かれている。わたしのすべてをご存じである。それは決して恐ろしいことではありません。イエスさまは神であられるお方でありますから、わたしのことをわたしがイエスさまを知らない前から、知ってくださり、見てくださり、選んでくださるお方です。

 イエスさまはわたしたちに先立って選んでくださり、わたしたちを熱心に探し求めて招いてくださり、わたしたちに出会ってくださいます。そしてフィリポに「わたしに従いなさい」と語りかけくださいます。フィリポはどうしたでしょうか。フィリポは自分を選んで、招いてくださったイエスさまに従います。

イエスさまはわたしたちに先立って、わたしたちがイエスさまを知らない前から、わたしたちを知っている。見ていてくださいます。そしてナタナエルに《「わたしはあなたがフィリポから話しかけられる前に、いちじくの木の下にいるのを見た」》と語りかけてくださいます。それは恐ろしいことではなくて、本当の安心を与えるものです。ナタナエルはどうしたでしょうか。《ラビ、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です》と告白しました。それまでナタナエルはいちじくの木の下で、聖書を学び、祈っていたのでありましょう。フォリポが語るように、モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方、つまり旧約聖書が語り、約束しているメシア、救い主を求めていたのでありましょう。イエスさまからわたしはあなたを知っている。見ている。選んでいると言われる。そのイエスさまに「あなたは神の子です」と信仰を告白します。

今日、わたしたちは聖霊が注がれて教会が誕生したペンテコステの礼拝をささげています。わたしたちはイエスから招かれて、今日も礼拝をささげてます。イエスさまはあなたを選んでくださり、あなたに出会ってくださいます。イエスさまがあなたに先立って、あなたがイエスさまに出会う前に、あなたがイエスさまを信じる前に、イエスさまはわたしはあなたを知っていた、あなたを見ていたと語ってくださいます。いよいよ、わたしを選び、招き、出会ってくださるイエスさまに、「あなたは聖書が約束するメシアです」、「あなたは神の子です」と従ってまいりましょう。

(応答の祈りをしてください)

14献金(後日、礼拝に来られた時に献金してください。教会の口座に送金することもできます)

讃美 新聖歌 415(YouTubeまたは「MP3&詞 聖歌・讃美歌」で検索してください)

15.感謝の祈り 

16.報告

  ①先週集会 礼拝47名(HP・メール・faxの方を含む)

聖書研究祈祷会(休会 牧師のみ)

  ②今週の予定 24日:hi-b.a高校生集会(オンライン)

         25日:東京教区総会(書面決議開催)・ホ群常任委員会

26日:聖書研究祈祷会(休会) Ⅰ:14時 Ⅱ:19時30分

         27日:東京聖書学校講義

         28日:埼京伝道協力会総会・北東京シティクリスマス実務委員会

         29日:ライフライン(8時・テレビ埼玉)

「聖書チャンネル BRIDGE」でも視聴できます。

  ③教会便り ・ユースにお勧め賛美動画「How Great Thou Art」

        ・メールやファックスでの礼拝人数は把握できますが、HPでの人数が把握できませんので、お手数ですがメールで「HPで礼拝しました」と送信してください。

メール pastor@akabanechurch.jp fax 03-3901-8990

        ・先週献金くださった方の献金は、本日の礼拝でささげます

       ・会堂掃除(礼拝後・土曜日):礼拝後は最終聖日礼拝後に行います。土曜日はしばらくお休みします。       

・緊急事態宣言となるので、期間中はこれまでのように「合同礼拝」(10時)、「聖書研究祈祷会」も休会とします

・本日、礼拝後は「教会総会」になります。議決権行使書による書面開催ですが、議場に参加される方が、議決の証人となります。

・6月6日、創立70周年記念礼拝 説教:深谷春男師

創立記念礼拝から新しい聖書「聖書協会共同訳」が公用聖書となります(費用は受取ってからで結構です)。

 ④次週予告 ・7時:早朝礼拝

 ・9時 30分:第1礼拝(合同礼拝に合流)

 ・10時00分:合同礼拝 説教)大友師

        ・礼拝以外の集会は休会となります

17.頌栄 新聖歌63(YouTubeまたは「MP3&詞 聖歌・讃美歌」で検索してください)

18.祝祷  主イエス・キリストの恵み、父なる神の愛、聖霊の交わりが、あなたがた一同の上、豊かにあるように アーメン

日本基督教団 赤羽教会
〒115-0042 東京都北区志茂2-56-4 TEL03-3901-8939 FAX03-3901-8990
このページは、自称赤羽web委員会(略してAWA)により作られています。