日本キリスト教団 赤羽教会

日本キリスト教団 赤羽教会

ようこそ
赤羽教会は地域に開かれたプロテスタント教会です。
聖書を読んでみたい方、心が疲れ、癒しを求めておられる方、
悩みや不安を抱え、心の拠りどころを求めておられる方……、
どなたでも歓迎いたします。 どうぞお気軽にお出かけください。

2018年4月22日 復活節第4聖日 

最近のメッセージ

  • 神に委ねられる
    Ⅱコリント4:1~6 

    1節《こういうわけで、わたしたちは、憐れみを受けた者としてこの務めをゆだねられているので、落胆しません》。パウロは誰からこの務めをゆだねられているのでしょうか。誰からゆだねられたのか明言されてはいませんけれども、それは神ご自身であり、御子イエスさまであることは言うまでもありません。パウロのゆだねられている務めは、自分で選びとったものではありません。憐れみを受けた者としてこの務めを選びとったのではなくて、ゆだねられています。イエスさまがヨハネ福音書15章で、《あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。…わたしがあなたがたを任命したのである》と仰せになっていますが、その御言葉のようにパウロがこの務めを選んだのではありません。神さまがパウロにこの務めをゆだねたのです。 (more …)

  • キリスト復活の証人
    使徒言行録2:22-36

    キリスト教信仰というのは、新約聖書に13の手紙を残しているパウロが語るように、最も大切なことが2つあります。一つはイエス・キリストがわたしたちの罪のために十字架に死なれたこと、二つめは3日目に復活されたことです。今日はイースター、復活祭の礼拝です。最近は日本でもハッピーイースターというように言われるようになりました。それはイエスさまが復活されたことを喜び祝う日です。イエスさまが十字架で死なれたということは、歴史上の起こらなかったと否定することはできません。そして多くの人々がイエスさまが十字架に死なれたことは知っています。しかし復活と聞くとにわかに信じがたい。疑わしい。そんなことを本当に信じているのかと不思議に思う。十字架は信じられるけれども、復活は信じられないと言われます。もしイエスさまが復活されていないとすれば、「復活した」、「よみがえられた」と教会は偽りを宣べ伝えたことになります。無かったことを有ったこととして偽証することになります。そうすると、わたしたちの世界は、そうした偽りの信仰によって支えられてきたことになります。もしそうだとすれば、キリスト教信仰は取り返しのつかないことをしでかしたことになります。しかしパウロは《しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました》と語っています。キリスト教信仰は、復活の事実性に支えられています。 (more …)

  • more >>

週日定期集会

早天祈祷会
火曜~土曜 6:00~7:00 1階集会室
4月17日(火)7:10-  朝祷会
説教:石島先生(上板橋キリスト教会)

 

 

聖書研究・祈り会
水曜
第一 14:00~15:30 終了後、聖歌隊練習
第二 19:30~20:50
1階集会室

*お休みや時間の変更などはこちらのカレンダーをご覧下さい
*初めての方は集会案内をご覧ください

イベント

最新更新情報&編集雑記

2018年4月16日 聖日礼拝、週日定期集会を更新。
昨日は、キリスト教主義中学校に入学された方が来てくださいました。実は日本の私立大学の10%はキリスト教主義なんですよ。この春、入学された方々のお越しを心からお待ちしています!

 

赤羽ボンジュール

日本基督教団 赤羽教会
〒115-0042 東京都北区志茂2-56-4 TEL03-3901-8939 FAX03-3901-8990
このページは、自称赤羽web委員会(略してAWA)により作られています。