日本キリスト教団 赤羽教会

日本キリスト教団 赤羽教会

ようこそ
赤羽教会は地域に開かれたプロテスタント教会です。
聖書を読んでみたい方、心が疲れ、癒しを求めておられる方、
悩みや不安を抱え、心の拠りどころを求めておられる方……、
どなたでも歓迎いたします。 どうぞお気軽にお出かけください。

2017年10月22日 聖霊降臨節第21聖日 

最近のメッセージ

  • 主の雲があるところ
    出エジプト記40:34-38

    《雲は臨在の幕屋を覆い、主の栄光が幕屋に満ちた》(34節)。出エジプト記の終わりは、これからはじまる40年の荒野の旅の行く末を指し示します。さらには40年の荒野の旅を超えて、旧約聖書を貫き、新約聖書にまで、さらには今日この聖書を読んでいるわたしたちにまで貫かれている聖書のメッセージがあります。それはどこに神がおられるのかということです。もちろん神というお方は、どこかに限定されるお方ではありません。神がここにしかいてはならないということをではありません。神は自由なお方です。どこかの場所に限定されて押し込められているお方ではありません。自由な意志をもって、「わたしはここに住む」、「わたしはここに留まる」と仰せになられるお方です。聖書は神が雲の中におられる。雲というものが、神の臨在をあらわすと語ります。今日の聖書の箇所には、雲という言葉が6回繰り返されます。この雲というのは、「神」と言い直してよろしいものです。それゆえに《雲は臨在の幕屋を覆い、主の栄光が幕屋に満ちた》というのは、《神は臨在の幕屋を覆い、主の栄光が幕屋に満ちた》と言い換えてよろしいわけです。そこで今日はこの雲という言葉であらわされている神について、御言葉を通して聞いていきたいと願っています。 (more …)

  • 主が命じられたとおり
    出エジプト記40:1~16

    主の過越しがなされて、出エジプトの救いの御業がなされるとき、主なる神さまは《この月をあなたたちの正月とし、年の初めの月としなさい》と言われました。その月の14日に小羊を屠り、その血を家の門の柱と鴨居に塗りました。その夜、エジプトのすべての初子が撃たれますが、その血が塗られているイスラエルの民の家は過ぎ越され、そこから出エジプトの救いがはじまりました。それから3か月後、シナイ山に到着します。モーセはシナイ山に何回か登ります。40日40夜シナイ山にいたことが2回ありました。そのようにシナイ山の麓にしばらく滞在していました。そのシナイ山の麓で、幕屋を造ることが命じられることになります。 (more …)

  • more >>

週日定期集会

早天祈祷会
水曜~土曜 6:00~7:00 1階集会室
(休会・火曜)

 

 

聖書研究・祈り会
水曜
第一 14:00~15:30 引続き聖歌隊練習
第二 19:30~20:50
1階集会室

*お休みや時間の変更などはこちらのカレンダーをご覧下さい
*初めての方は集会案内をご覧ください

イベント

オープン・チャーチ
 10月は、赤羽教会オープンチャーチ月間です。毎週日曜日午前10:00~11:30の礼拝では、初めて教会にいらっしゃる方でも分かりやすい聖書のお話や、お招きした特別ゲストの音楽などをお聴きいただけます。どなたでも、お気軽においでください。
  • 第一週(10/1)・聖書の話:大友英樹牧師・音楽ゲスト:赤羽教会聖歌隊(合唱)

  • 第二週(10/8)・聖書の話:富山希望伝道師・音楽ゲスト:岡崎直子さん(ピアノ)

  • 第三週(10/15)・聖書の話:岡田朋記協力教師・音楽ゲスト:米津実穂さん・鈴木芙美子さん(フルート二重奏)

  • 第四週(10/22)・聖書の話:深谷春男牧師・音楽ゲスト:沼澤優実さん(ソプラノ)・市橋茉莉さん(ピアノ)

赤羽教会バザーについて
 赤羽教会では毎年11月3日にバザーを開催していますが、今年は事情により中止とさせていただきます。ご了承ください。

最新更新情報&編集雑記

2017年10月15日
聖日礼拝・週日定期集会更新
雨がしとしと降っています。

赤羽ボンジュール

オープンチャーチ

日本基督教団 赤羽教会
〒115-0042 東京都北区志茂2-56-4 TEL03-3901-8939 FAX03-3901-8990
このページは、自称赤羽web委員会(略してAWA)により作られています。