日本キリスト教団 赤羽教会

日本キリスト教団 赤羽教会

ようこそ
赤羽教会は地域に開かれたプロテスタント教会です。
聖書を読んでみたい方、心が疲れ、癒しを求めておられる方、
悩みや不安を抱え、心の拠りどころを求めておられる方……、
どなたでも歓迎いたします。 どうぞお気軽にお出かけください。

2019年2月17日

最近のメッセージ

  • 三度目の正直
    コリントの信徒への手紙Ⅱ13:1~13

    《わたしがあなたがたのところに行くのは、これで三度目です》。最初にコリントで伝道した使徒言行録18章にある第1回目の訪問、1年6か月のコリントでの伝道を終えて、エーゲ海を挟んだ対岸にあるエフェソで伝道しているとき、2通の手紙を書きましたがコリント教会の課題が解決しないために直接コリントに行った第2回目の訪問、しかしその第2回目の訪問も思うような成果を挙げることができず、パウロは涙の手紙と呼ばれる少々厳しい内容の手紙を書き送ります。 (more …)

  • わたしは心配しています
    コリントの信徒への手紙Ⅱ12:11~21 

    《わたしは心配しています》。パウロは率直に自分の心の内を明らかにしています。何が心配なのでしょうか。どうして心配なのでしょうか。一つめの心配は、コリントへの三度目の訪問です。14節に《わたしはそちらに三度目の訪問をしようと準備しているのですが、あなたがたに負担はかけません》とあります。第1回目の訪問は、使徒言行録18章にあるように、パウロが最初にコリントで伝道したときです。《「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。 わたしがあなたと共にいる。だから、あなたを襲って危害を加える者はない。この町には、わたしの民が大勢いるからだ。」》。この御言葉に励まされて、1年6か月、腰を据えてコリントでの開拓伝道を行いました。フィリピの教会から献金がささげられて、 無報酬でイエスさまの福音を宣べ伝えました。当時の習慣で、哲学者などは人々に教えを宣べることで報酬を得ていたということですが、コリントの人々もそのような報酬をパウロの与えようとしたようです。しかしパウロはそれを受けようとしませんでした。ローマ3章に「神の恵みにより無償で義とされる」と語っている無償と同じ言葉を用いて、無報酬で、無償でイエスさまの福音を宣べ伝えました。イエスさまの十字架の恵みは、無償の恵みなのだということを教えようとしました。

    (more …)

  • more >>

週日定期集会

早天祈祷会
火曜~土曜 6:00~7:00 1階集会室

 

聖書研究・祈り会

水曜
第一 14:00~15:30 終了後、聖歌隊練習
第二 19:30~20:50
1階集会室

*お休みや時間の変更などはこちらのカレンダーをご覧下さい
*初めての方は集会案内をご覧ください

イベント

最新更新情報&編集雑記

2019年2月11日 聖日礼拝を更新
この週末は東京でもうっすらと雪が降りましたね。高校受験の皆様の足元は大丈夫だったかな?春が待ち遠しいなあ~桜咲く~

赤羽ボンジュール

日本基督教団 赤羽教会
〒115-0042 東京都北区志茂2-56-4 TEL03-3901-8939 FAX03-3901-8990
このページは、自称赤羽web委員会(略してAWA)により作られています。